冬の乳頭温泉郷「鶴の湯」宿泊記-2(チェックイン&客室編)

  • 2020.02.10 Monday
  • 20:54

JUGEMテーマ:旅行

 

こんにちは、minaです。

先月〜今月と、相変わらず仕事などでバタバタしていてブログ久々になってしまった!!

 

あー、今こそ「鶴の湯」の露天で沈んでたい・・・・(−−〆)

 

 

さて前回の続き。温泉マニア憧れの聖地、秋田・乳頭温泉郷の「鶴の湯」宿泊記の続きです。

→前回はこちら

 

 

乳頭温泉郷『鶴の湯』へ到着。

 

IMG_0053.JPG

 

この冬景色!

雪に包まれた入口からの光景だけで胸が高鳴るのは、温泉ラブの皆様ならおわかりいただけるはず!

 

東京からは秋田新幹線と路線バス、送迎バスの乗り継いで約4時間の距離。

4時間は確かに遠い場所だけど、ここ来ると、も〜っと秘境の地に来たなあ感が凄い()

新幹線偉大!

 

 

門のとこではお決まりの記念撮影。

IMG_0059.JPG

 

さて、雪踏みしめて敷地に入ります。

 

IMG_0060.JPG

 

 

すーっと続く雪の道。

 

 

左側に並ぶ木造造りの建物が、この宿の断トツ一番人気「本陣」

時間は14時。この宿のチェックインは15時で、ちょうど清掃中の本陣のお部屋があったので、写真を撮らせていただきました。

 

IMG_0061.JPG

 

IMG_0062.JPG

 

IMG_0063.JPG

 

お〜、雰囲気ある〜(´艸`*)

 

IMG_0064.JPG

 

囲炉裏囲炉裏♪♪

本陣泊まると夕飯はこの囲炉裏端で岩魚焼いてくれたり名物・山の芋鍋を温めてくれるのだ。

でもちゃんとトイレや洗面台は備えられているという、快適さもgood

泊まりたかったなあ〜。

 

次回こそはっ(-ω-)/。

 

IMG_0066.JPG

 

右側に並ぶのは、2号館・3号館の建物。こちらはトイレや洗面台も共用で、お部屋の広さも6畳一間というシンプルタイプ。一人泊まりもウェルカムだし、お値段も安めで使いやすいと思います。

2号館の端には、日帰り入浴のお客様も使える昔ながらの無料休息所もあり。

ここで簡単なお蕎麦や丼もののお昼御飯もいただけます。

 

IMG_0067.JPG

 

IMG_0073.JPG

 

この2号館の向かいにあるのが「受付」。

宿泊、日帰り入浴、お昼御飯など、すべてここで対応してくれまーす。

 

 

では中に入ります。

 

IMG_0079.JPG

 

おっ、右手にひんやりしたものが〜。

 

IMG_0078.JPG

 

ビール飲みたい。。( ´艸`)

 

ちょっと触ったら水めちゃ冷たっ!!

これは後のお楽しみだな。

 

 

まずはちいちゃな受付で早速、チェックインです。

 

IMG_0080.JPG

 

今回、JRびゅうのツアーなので、特典としてチェックインタイムが1時間早い14から。

これは嬉しい( ´∀`)

 

 

 

受付の前には、「所狭し」・・・という言葉がぴったりなくらいお土産が並びます。

 

 

IMG_0103.JPG

 

↑↑これ欲しい。。(-ω-)/  →が、買ったとして何処に着ていけようか。。その勇気はない。

 

今回のお部屋は「新本陣」。

新本陣は昭和、東本陣は平成に造られた建物。昭和だけど、鶴の湯では新しいという()

この受付は新本陣や東本陣のお部屋とは繋がってますが、宿泊者は一回受付を出て、ぐるりと宿泊者専用玄関へ向かいます。

 

IMG_0073.JPG

IMG_0075.JPG

この門の先は宿泊者専用。

 

IMG_0074.JPG

 

小川にかかる橋の向こう側は、温泉棟です💛💛

 

本当に絵になる光景だわ。

 

IMG_0076.JPG

 

雪で雰囲気抜群〜

あ〜、早く早く温泉入りたいっ。

 

雪いっぱいの風景に見えますが、お部屋へ案内してくださったご主人様いわく「今年は雪の量は例年の1/3だそうです。

ひゃ〜、私には充分雪があるように見えますが、そーなんですね。やっぱり暖冬の影響は、確実に冬の東北にも。。

 

↓↓以下の写真から、慣れない新しいデジカメを使ったので、日付が印字されたままになってた(-ω-)/

リサイズや画像加工も手間なので(面倒くさがり)、このまま載せさせていただきます〜。

 

 

 IMG_0084.JPG

 

鶴の湯さんは、温泉好きには殊に有名な「日本秘湯を守る会」のもちろん会員宿です。

 

IMG_0101.JPG

 

昭和♪

 

IMG_0081.JPG

 

やっぱり昭和(笑)

 

IMG_0082.JPG

 

玄関からもう、昭和の温泉宿のレトロな佇まいがさく裂!。

 

こういう佇まい、横溝正史の映画やドラマで金田一耕助が泊まる宿を想い出すのは私だけ??()

→「亀の湯」とか。ここ鶴の湯だけど♪(´ε )

 

 

靴を脱いでスリッパへ履き替えます。

靴はここで預かってくれます。

 

外の露天風呂に行く時は、沢山の「長靴」がズラーリと用意。しかもサイズまでマジックで書いててくれるので、自分にピッタリのものが(笑)

 

 

長い廊下を辿っていきます。

 

IMG_0083.JPG

 

廊下の途中にある貸切風呂2箇所

 

IMG_0096.JPG

 

あとで貸し切りもゆっくり入りたいっ♪

 

 

IMG_0097.JPG

 

そして廊下の途中には・・

 

IMG_0095.JPG

 

 

IMG_0086.JPG

 

貸切風呂の近くには、こんなちょっとしたロビーもあり。

因みにこの宿はちゃんとWi-Fi完備ですが、特にこのロビーは速度速かった。

そして冬はストーブが暖かいのだっ。

 

 

さあお部屋に到着〜。

 

IMG_0087.JPG

 

お部屋は新本陣の3番です。

 

IMG_0088.JPG

 

 中に入りま〜す

 

IMG_0089.JPG

 

お〜、中々♪

 

IMG_0091.JPG

 

充分充分♪ 快適で居心地が良さそうです。

 

木の枠の窓からは、外はもちろん雪景色!!

 

 

IMG_0093.JPG

 

落ち着けます。

 

この新本陣のお部屋はトイレや洗面台付き。

 

IMG_0090.JPG

 

 

IMG_0091.JPG

 

窓から見える冬景色を眺めながら、長旅の疲れを癒しましょう。

 

IMG_0092.JPG

 

新幹線でミニ宴会?だったので、ほっこりする甘いものとお茶で一息。

お茶菓子は 鶴の湯さんオリジナル。

 

 

 

はー、落ち着く・・・・・

 

 

・・・・が、ゆっくりお茶飲んでる場合じゃないっ!!!

 

鶴の湯の温泉♨がワタシを待っています(≧◇≦)

 

次回は温泉をじっくりレポートします(笑)

 

温泉好きな方、応援クリックをいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

本日もお読みいただいて有難うございました。明日も旅講座です、頑張ります^^。   mina

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

旅コンシェルジュminaの【講座のご案内】

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 香港のホテル選び ゞ緡競汽ぅ匹塙畊租隋∩ぶならどっち?
    通りすがり (03/21)
  • 或る女のクルーズ食生活
    へき (03/08)
  • 今年の夏はボイジャー・オブ・ザ・シーズでのクルーズ旅行に決定! お値段は・・・・
    こぐやま (06/07)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM