ボイジャー・オブ・ザ・シーズ乗船記 舛い茲い莨菫ァ

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 14:43

JUGEMテーマ:旅行

 

こんにちは、minaです。

 

家の用、息子の用、お仕事など年末が近づくと本当に忙しい毎日です(笑)

自分の身体が2つ欲しい〜っ。(2つあったら1つは完全に旅とグルメを愛する身体用ですわんkyu

 

さて、季節は冬ですが、2017年夏の家族旅行のメインは、豪華クルーズ♪♪

 

昨年カリブ海で乗船した世界最大級22万鼎竜卅オアシス・オブ・ザ・シーズに続いて、2度目のロイヤルカリビアン・インターナショナルのクルーズ船で「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」に乗船です。

 

ボイジャー・オブ・ザ・シーズについてまとめますと

 

■総トン数:138,000

■乗客定員:3,286名

■乗組員数:1,185名

■全長:310m

■全幅:48m

■全高:63m

■喫水:8.8m

■巡航速度:22.0ノット

 

大きいねっハート

 

食事するところだけで、レストランやカフェが10カ所、バー&ラウンジが8カ所。ルームサービスは24時間無料!(チップとサービスチャージのみ)もあるから、今回の4泊5日のクルーズだけでは本当に利用できるのは一部です(笑)

 

就航は1999年ですが、2014年に改装されているので、パブリックスペースなども結構良さげに変わっているようです。

 

このロイヤルカリビアン・インターナショナルが良いところは色々ありますが、

一番の利点は、minaのような個人客がオンラインで予約して船内施設の各種予約(レストラン、ショー、エステ、寄港地でのエクスカーションツアーなどなど)が事前に予約を取れること。

 

他の有名なクルーズラインは個人客には単体では予約を下ろさず、旅行会社を通してのパッケージツアーのみというところもいくつもあるので、本当に個人客には使い勝手が良いのです。

それに日本語HP詳細な情報や最終的なオンラインチェックインや支払い作業は英語サイトになりますが、TOPページやQ&Aは日本語サイトでしっかり整備されてますし、手引きになる詳細な日本語クルーズガイドも事前に日本でおくっていただける、最悪わからないことは日本の総代理店であるミキツーリストさんに電話やメールで問い合わせもOK!

 

それに単体で予約だと部屋指定もできるし、何より安いレートも探しやすいのだ。

 

ケチケチオトクな料金でいきたいファミリーには本当にありがたいクルーズですハート

 

クルーズガイド今年分.JPG

出発前には日本で詳細なクルーズガイドも送られてきます。

 

さて乗船前にホテルでまずすること。

 

それはスーツケースとすぐ使う(可能性のある)手荷物に分けることです。

 

アタリマエですが

手荷物にしなくてはいけないもの

・パスポート、お財布などの貴重品  ・乗船の際に必要な書類(ロイヤルカリビアンではセットセイルパスやブックレットなど)

・船専用のバゲージタグ

 

それと、乗船後に使う予定(可能性のある)のものは手荷物に具体的には乗船後にすぐプールで泳ぐつもりなら水着、女性なら化粧品。あとは1日目の夕食にも対応できるような服(1日目ディナーは船はどこもカジュアルディナーです)

 

なぜディナーの服を手荷物にするかというと、スーツケースは乗船後、随時クルーの方々はキャビン(船室)に運んでくださいますが、乗船客定員が3000名以上(しかも今回は満船と思われます。笑)いるので、遅いとディナータイムまでずれ込んでしまうのです汗

 

今回のクルーズは5日間なので普通それほど荷物は持ち込まない・・・と考えるのは、日本的考えで、たくさん持ち込む方も多し〜。みなさま何持ってくるんだろーね。

そもそも航空機のようにスーツケースの個数に制限はないのがクルーズ。船に服や靴(これがかさばる!パンプス、デッキ用のシューズ、サンダル、ビーチサンダル、ジョギングやスポーツの時用の運動靴などなど) 服も男子がタキシード、女性もお洒落なドレスやアクセサリー、ストールなどを持ち込めば、スーツケースも増えようというもの(泣)

 

ただこのボイジャーは日程短めのカジュアルクルーズなので、フォーマルウェアは持参しなくても大丈夫ですが、我が家は一応一着ずつだけ入れておきました。

 

美味しい鮑粥と鮮蝦雲呑麺のシアワセ朝食をいただき、ホテルのビュッフェで美味しいコーヒーやフルーツをたっぷりいただいてちょっと朝寝でも・・・onpu03などの優雅な暇はなく、一家総出で荷物のパッキングと仕分けです。

 

そんな大急ぎの時、息子は邪魔(ヒドイDocomo_kao8なので、旅行中でも我が家恒例の宿題をベッドにふんぞりかえりながらやっておりましたが、こういう戦時下?ではその方がアリガタイ(笑)

 

で、仕分け完了~っ。

 

出航は16時ですが、12時くらいからチェックインは可能!

大型客船のチェックイン、チェックインに出国検査も併せて行われるのでこのチェックインはかなり時間がかかります。

 

ロイヤリティメンバー(船会社に乗船履歴のあるリピーターさん)には、どこも優先レーンが設けられていますが、それでもちょっと遅めだととにかく混むのです。

 

去年のフロリダでチェックインの時は、移動フライトの関係もあってなんと出港6時間前にはクルーズターミナルに着いちゃってました。だから混雑はなし! その分、チェックイン開始まで待ち時間もありましたが、チェックイン自体はメチャ早くてすぐに船に入れました。

今年は、前泊の香港市内が2泊のみでその日の午前中はギリギリまで買い物に費やしたかったので(貪欲むっつり)、待つのを覚悟でホテルチェックアウトが12時、その後にタクシーでターミナルに向かいました。

 

タクシーにスーツケース3つと共に乗車!

 

目的地は啓徳郵輪埠頭。

以前、いまの香港国際空港になるまで国際空港だった啓徳(カイタック)ですちゅん

 

応援クリックをいただけると書く励みになりますニコ


にほんブログ村

 

本当に寒くなって参りましたので、みなさまどうぞご自愛くださいね。 mina

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 香港のホテル選び ゞ緡競汽ぅ匹塙畊租隋∩ぶならどっち?
    通りすがり (03/21)
  • 或る女のクルーズ食生活
    へき (03/08)
  • 今年の夏はボイジャー・オブ・ザ・シーズでのクルーズ旅行に決定! お値段は・・・・
    こぐやま (06/07)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM